どうしてもお金が必要となった場合、借金を考える方も多いかと思います。

最近では即日融資に対応したカードローンが多いですから、お金を借りたいと思った時に申し込みして直ぐにお金を借りる事が可能になりました。

確かにカードローンは便利なサービスですが、安易に利用するのは非常に危険です。

もちろん利用してはいけないということではありませんが、金融機関からお金を借りるということは当然返済をしなければいけません。

期日通りに返済しなければいけませんし、借りた分だけでなく利息も付けて返さなければいけませんので、事前の計画が非常に大切です。

無闇矢鱈に借りて返済できませんでしたでは済まされません。

自分の信用を失い一定期間ローンを組めなくなる可能性だってあるのですから、計画的な利用をしなければいけません。

カードローンでの借入れを真っ先に考えるのではなく、まずは他に手立てはないかをよく考え実行したのち、それでもダメならカードローンを利用しましょう。

金融機関からの借金はあくまでも最終手段を考えておきましょう。

必要なお金が少額である場合、まずは家族に相談してみるのが一番ではないでしょうか?

お金の相談はしづらいかもしれませんが、自分の子供が困っていれば助けたいと思うのが親ですから、思い切って打ち明けてみましょう。

家族間の貸し借りはついつい甘えがちになり、返済を怠ってしまう方もいらっしゃいます。

その結果、家族関係が悪くなり連絡を取らなくなってしまった、何て事は良くある話です。

このような事にならないためにも、家族間の借金でも借用書や契約書はしっかりと作るべきです。

こうすることで甘えが消え、約束を守って返済しようと思うものです。

但し経済状況次第では貸したくても貸せないという家庭もあるでしょう。

また必要な金額が高額になる場合もすんなりとはいかないでしょう。

そのような場合は無理強いせず、公的な窓口に相談することをオススメします。

今の生活の状況次第で方法は異なります。

まず生活費がなく長期間お金が入ってくる見込みが無いという方は、生活保護を受けるのが一番です。

不正受給問題が報道されてからと言うものの、ネガティブなイメージを持たれる方も多い制度ですが、本当に生活に困っている人が受ける分には何の問題もありません。

働きたくで病気や怪我が原因で働けない、求人を探しているものの仕事に恵まれないといった理由で生活が困窮している方は、是非ともこの制度を利用しましょう。

市町村役場の福祉関連の窓口にて受け付けています。

普段の生活を送る分には問題ないけど、一時的にお金が足り無いという場合は社会福祉協議会の生活福祉資金を利用しましょう。

給付ではなく貸し付けとなりますので、返済しなければいけませんが、金融機関のローンよりも遥かに低金利で借りる事が出来ます。

しかも連帯保証人を立てれば無利子で借りることも可能です。

低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象に貸付を行ないますので、誰でも利用できるわけではありませんが、返済の負担が少ないのが魅力的といえます。

一時的に生活が困窮しそうな場合は利用してみると良いですよ。

公的融資はお金を受け取るまでに時間がかかりますので、出来るだけ早めに相談しましょう。

公的機関から給付を受けるほど生活が困窮しているわけではない、もしくは直ぐにでもお金が必要という場合は最終手段でもあるカードローンの利用を検討してみると良いでしょう。

カードローンの魅力は融資スピードが早いこと、限度額内で繰り返しお金を借りれることにあります。

とにかくいま直ぐにでも即日お金が必要、もしもの時に備えておきたいという方たちに需要のある金融サービスです。

カードローンを利用するためには、事前の審査を通過しなければいけません。

申込者に十分な返済能力があるかどうかを審査し、問題なければ融資となります。

カードローンは担保も保証人も必要ありませんので、誰でも気軽に利用できます。

働いて毎月の収入が安定的であれば正社員でなくても利用可能です。

これまでローンやクレジットカードを利用したことがある方は、過去に返済延滞をしてたことがないか確認しておく必要があります。

と言うのも、銀行や貸金業者は期日を守らない人を嫌いますので、そのような時事地が発覚すれば即審査落ちとするからです。

不安な方は信用情報機関に信用情報の開示請求をして見ると良いでしょう。

カードローンを取扱う業者の数は物凄く多いため、どこに申し込みすればよいのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

出来れば安心して借り入れできるところが良いでしょうから、オススメは銀行若しくは大手消費者金融のどちらかです。

名前も聞いたことのない中小サラ金や街金ですと悪徳業者の可能性もありますので、これらの業者の利用は避けたいところです。

低金利で借りたいのであれば銀行カードローン、即日で借りたいのであれば大手消費者金融が最適です。

どちらもメリット・デメリットがありますので、それらを踏まえた上で申込みするようにしましょう。

■低金利でお得にお金を借りたい!どうすればいい?

カードローンでお金を借りたい場合、金利を気にする方は多いかと思います。

金利が安ければその分支払う利息が少なくて済みますから、誰だって低金利でお金を借りれる方が良いですよね。

低金利でお金を借りたいのであれば、やはり銀行のカードローンが一番ではないでしょうか?

実際に銀行と消費者金融や中小サラ金とでそれぞれの金利差を比較してみれば利息が安いことを実感できるでしょう。

銀行の場合、上限金利は概ね13~14%前後ですが消費者金融は18%、中小サラ金ですと法定利息ギリギリの20%となります。

銀行のカードローンは低金利な上に高額融資対応、そして何より安心感があります。

ですから誰でも銀行でお金を借りたいと思うところです。

ですがご存じの方も多いように、銀行の審査は厳しめです。

お金を借りたいと思って簡単に借りれるようなところではありません。

低金利で貸付すれば当然その分の儲けも少なくなります。

その為、確実に返済できる人に融資をしたいと思いますので、審査はかなり厳正に行われます。

もちろん消費者金融の審査が甘いわけではありませんが、比較するとやはり銀行のほうが基準は上といえますのでハードルは高いでしょう。

銀行のカードローンは低金利ではありますが、正直借入金額が少額であればそこまで大きな差が出るわけではありません。

200万円、300万円と高額な借入れをし長期間返済するという場合であれば銀行カードローンのほうが良いでしょうが、そうでなければ消費者金融でも大差はありません。

そもそも初回契約時でいきなり高額な借り入れできるケースは非常に稀です。

最初は10万円~20万円前後と少額スタートですから、借入の目的が一時的なものであれば消費者金融での利用を検討してみるのも良いでしょう。

消費者金融は銀行のように保証会社と銀行での2段階審査と言ったことはしません。

銀行は上記の方法をとっているために審査が厳しく時間がかかります。

消費者金融では、そのような事は行っていませんので、審査は比較的スムーズです。

また審査透過率も高く気軽に利用することが出来ます。

繰り返しになりますが消費者金融の審査が決して甘いわけではありません。

しかしパートやアルバイトでも利用されている方が多いことからも、ハードルはそこまで高くないのが現状です。

更に消費者金融の場合、融資実行までが非常に早いく利便性が高いのが魅力です。

即日融資が可能な業者も多いですから、銀行よりも使い勝手が非常に良いですよ。

但し消費者金融でも中小サラ金のような名前も聞いたことのない金融ですと危険ですので、利用するなら大手の消費者金融が良いでしょう。

大手消費者金融では自動契約機設置していますので、平日の夜間や土日祝日でも借入が可能です。

口座振込みだけでなくローンカードでの借入にも対応しています。

都合の良い法で即日融資を選択できますので、非常に使い勝手が良いです。

また使い方によっては銀行よりもお得にお金を借りることも可能です。

というのも大手消費者金融には、無利息キャッシングを取り入れている金融もあるからです。

無利息キャッシングとはその名の通り、利息無しでお金を借りられるサービスです。

もちろん無条件ではなく、指定された期間内であれば利息は一切かからないというもので、新規顧客獲得のためにキャンペーンを行う業者もあります。

返済は元金だけでよく、仮に無利息期間内に返済できなくてもペナルティはありませんので割りと気軽に利用できます。

例えば、給料日前まであと少しだけどお金がない、と言ったように直ぐにお金が返せる場合の時には、この無利息キャッシングは非常におすすめです。

無利息キャッシングの期間は長ければ30日間、短くても10日間はあるところが殆どです。

期間設定は比較的長めですので、意外と利用しやすいのです。

無利息キャッシングほど目に見えて分かりやすいサービスはありません。

しかも複数社の無利息キャッシングを利用することで、よりお得に使うことも可能です。

但し、利息がかからないことをいいことに借金するということに軽薄になり、借り癖が付きやすいと言うデメリットがあります。

最悪の場合多重債務になることも考えられますので、この点は十分に注意が必要でしょう。

また当然ですが返す際は一括でないと利息が発生します。

分割でないと返済できないという方や返済が長期に渡るという方には向いていません。

無利息キャッシングは上述したように指定期間内に返済した場合にのみ利息なしとなります。

また繰り返し適用されるわけではありませんので、銀行のように長期的にお得な金利で借りれるわけではありません。

しかし短期的な借入で返済のあてがあるという方、給料日までのつなぎ資金として利用したいという方は、大手消費者金融の無利息キャッシングを利用してみると良いでしょう。